読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

敷毛布NA-023Sは暖かい

敷毛布NA-023Sは大変暖かく敷毛布NA-023Sが無いと寒い夜は眠れません

マスターズゴルフ オーガスタ2017,の歴史を見てみよう!

オーガスタナショナルゴルフクラブ,場所と歴史は
プロゴルファーならば、誰もが一度は出掛けてみたい
夢の舞台として有名な都市なのですです。

毎年4月に開催されるマスターズが開催されるゴルフ界の
聖地でもあります。

伝説となるこのコースは、1934年に
ゴルフ界では有名な「ポピージョーンズ」と
ゴルフコースの設計家の「アリスター・マッケンジー」の
デザインによってオープンしたゴルフコースです。

毎年春の訪れとともにマスターズの季節がやってきて

これほど感覚に訴えてくる場所は
世界でも稀なのです。

樹木・花が生き生きとその存在を主張しており
香りが鼻をくすぐり、色鮮やかな緑が飛び込んでくる
ゴルフの夢の舞台に相応しい都市です。

マスターズではすべてのホールに
ニックネームが冠せられているのも有名です。

1番ホールには「ティー・オリーブ」
8番ホールには「イエロー・ジャスミン」など
どのホールにも、見所が沢山存在しています。

橋を渡る選手たち

難所であるバンカー

池さえも絵画の一部の様に映る

その美しさの裏には

残酷な面も潜んでいるから面白いコースなのです。

選手たちにとっては、とりわけ難しいホールが
中盤に待ち受けているのも忘れられません。

11番ホールの第2打、
12番ホール
13番ホールの最初のティーショット等については
「神様に祈らわなければ無事に通過出来ない」と
評されており、俗に「アーメン・コーナー」と
呼ばれるほどの難所でもあります。

此処を通過しなければマスターズの優勝者の証である
「グリーン・ジャケット」の袖に腕を通すことが
出来ないのです。

オーガスタの名前は、
イギリス王ジョージ2世の長男の妻で
ジョージ3世の母となった
オーガスタ・オブ・サクス=ゴータ(1719年 - 1772年)に
因んでいます。

オーガスタのニックネームは
「庭園市」(The Garden City)である。
マスターズ・トーナメントを主催するようになってから、
「マスターズ市」(Masters City)とも呼ばれるようになった。


オーガスタは逸話の宝庫でもあります。
17番ホールには過去の「アイゼン・ハワー・ツリー」
と呼ばれる大木がありました。

そのニックネームは、
クラブのメンバーだった第34アメリカの大統領、
ドワイド・D・アイゼンハワー
幾度となくボールを大木にぶつけていたことに由来しています。

アイゼンハワーは在任中の1956年にクラブの総会で
伐採を主張したが、大統領の主張を却下するのは
難しいと考えたクラブのチェアマンが機転をきかせ、
直ぐに散会とした話も残っています。

そのことによってこの大木の寿命が
延びたわけですが、雷嵐で傷みが
ひどくなったために2011年に
この場所から消えてしまいました。

オーガスタは、アメリカの元大統領からも、愛され、
数々の名勝負を生む伝説に彩られた聖地である。